JA大阪市の紹介

コンプライアンス・各種方針等

コンプライアンス

社会に貢献する責務と公共性の高い業務を行うJAは、法令遵守はもとより社会一般的な倫理やモラルについても徹底し、健全な経営と信頼の確立が強く求められています。組合員、利用者からの信頼を確保し、その信頼に応えていく体制が必要です。そのためには、法令遵守を基本とする規程の整備、職員研修による人材育成、人事ローテーションの実施や各部門間のチェック機能強化をはかり、苦情やトラブル発生時に対応できる体制づくりに努めています。

当JAでは法令遵守の確実な実践を確保するため、コンプライアンス・マニュアルに基づいてプログラムを作成し、役職員にコンプライアンスを浸透させるべく実施しております。




各種方針一覧

Get Adobe Reader
PDFファイル形式でご覧いただけます。ファイルを開けない場合は、Adobe Reader(アドビ リーダー)のダウンロードをお願いします。


お客さま本位の業務運営

2017年3月に金融庁より公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択するとともに、組合員・利用者の皆さまの安定的な資産形成に貢献するよう努めています。

  お客さま本位の業務運営に関する取組方針PDF

  取組状況およびKPI実績値(2020年3月時点)PDF


リスク管理

金融情勢の変化に伴い発生する金融変動リスク、価格変動リスク、信用リスクを極力回避するためにALM委員会を設置し、貸出金、有価証券などの運用資産リスク管理に努めています。

貸出審査体制

貸出においては、返済計画、経営収支、担保等審査基準に基づき、厳正に審査を行い、貸出期限を決定することで不健全な貸出防止に努めています。また既貸出分については定期的に担保を見直し、収支状況を確認し、債権の固定化未然防止に努めています。

監査体制

監事監査を年2回実施、監査部においては、定期的に内部監査を行っています。高度化・複雑化する業務内容を的確に監査すべく高度専門教育を実施し、監査体制の充実・強化に努めています。